会社案内の分類と必要なページ数

 

会社案内の仕様や掲載内容を決める参考に

会社案内は掲載する内容で簡単にですが分類することができます。
お客様のお考えになっているものに近いものがあれば原稿や必要ページ数の参考にして頂けると思います。

 

■もっともシンプルな会社案内

 

このタイプは一番基本になるタイプです。掲載内容はご挨拶、事業内容、会社概要になります。ページ数としては4Pが基本で多くても6Pぐらいで収めることができると思います。

 

●事例:株式会社エーシークリエイト様

 

 

一番基本的なタイプですが会社案内としてキチンと成立していることがお分かり頂けるかと思います。

 

■営業パンフレットを兼ねる場合

 

会社案内の中に営業資料も入れてしまい、営業パンフレットとして使う場合です。この場合は掲載内容はご挨拶、事業内容、商材(取扱商品やサービス)、会社概要になります。
ページ数は商材の量にもよりますが6P~8P程度あればいいと思います。

 

●事例:株式会社レイエス様

 


お取り扱いのサービス内容を細かく掲載して商談にも使用できるように作っています。

 

●事例:株式会社ネオテック様

 

 

同じ様にお取り扱いのサービス内容を掲載。イメージし難い実際の作業現場が分かる様してあります。

 

■採用案内を兼ねる場合

 

一般的には上記のシンプルな会社案内で兼用することがほとんどですが極稀に会社案内の中に採用情報を掲載することがあります。

 

上記のページ数の例は会社案内の仕様を決める時や掲載内容を決める時の参考程度にお考えください。必ずしも上記の様にしなければいけないということはありません。

 

会社案内制作のサービス内容や料金についてはこちらをご覧ください。

 

ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せください。

 

パンフレットのデザイン制作実績はこちらから

 

会社案内のデザイン制作実績はこちらから

 

カタログのデザイン制作実績はこちらから

 

その他のデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。