毎年恒例のカタログをご発注頂きました。

最終更新日2020年2月19日

 

毎年ご発注頂いているカタログのご発注を今年もいただくことができました。

扱っているものはお酒になります。

私どもとしては珍しい食品関係のカタログです。

 

一般向けのカタログではなく所謂B向けのカタログですがブランドや品数が豊富で商品だけでなくイメージ写真も多く使われています。

お客様は外資のお客様なのですが海外の企業の方がこういった制作物にお金をしっかりかけているなという印象です。

 

毎年取扱商品やブランドの入れ替えがあるので「メンテナンス」が必要になります。

この「メンテナンス」の部分を私どもが担当するのですがなにぶん取り扱うものが多いので例え制作会社の人間であっても初見ではまず無理でしょう。

 

初めからカタログを制作している私どもだからこそ分かる部分です。

継続してお取引をいただくメリットはこういうところにも出てきます。

 

製本にもこだわっていて表紙にマットPP加工を施しています。

中トジのカタログですがマットPPのお陰でより高級感のある質感に仕上がります。

 

マットPP加工を施す場合は表紙の紙厚を通常よりも厚いものにしておくと紙が反ることがなくなります。

(私どもでは少なくても135kg以上を推奨しています。4Pのパンフレットであれば180kgあたりが良いと思います。)

コストの掛かる加工ではありますがコストを掛けた分質感が良くなるのでオススメの加工です。

 

今回の「メンテナンス」でもそこそこ手が入り、新規制作のページもあるそうです。

任せておけば安心と思って頂けるような仕上がりを目指していきます。

 

デザインから製本までご相談承っておりますので今回のマットPP加工等にご興味いただけましたらお気軽にお問合せください。

 

パンフレット制作.jpのデザイン制作実績はカタログのデザイン制作実績はこちらからご覧なれます。