料金に最も影響を与えるものは?

最終更新日2022年4月27日

 

お客様からお問合せをいただき、お見積りのやりとりを何回することがよくあります。

当然ですがパンフレットや会社案内の制作にはご予算がついてまわりますのでお客様もご予算の中で最もご希望に近い仕様を選びたいはずです。

 

これらのやり取りの中でよくいただくご質問が料金に最も影響がある要素は何かとというものです。

 

結論から申し上げるとページ数です。

ページ数が多ければ料金は上がっていきます。

 

もちろん印刷部数が増えれば料金が上がることは間違いないのですがよほど高い紙や特殊加工をしていない限り

印刷部数の違いによる料金の差はそれほど大きくはありません。

(因みに高い紙とは厚紙や特殊な紙のことを指します。)

 

ですのでコストを落としたいと言うときはパンフレットのページ数を減らせないかということを検討してみてください。

ページ数については製本の都合上4Pの次は6Pになりますが8P以降については4P単位で増えると覚えてください。

 

ご予算がお決まりの場合、そのご予算の中で制作できる仕様をご提案することもできます。

細かいご相談についても対応できますのでお気軽にご相談ください。

お問合せお待ちしております。

 

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。

ページ数の減らし方はこちら

目的別パンフレットのデザイン実績はこちら

業種別パンフレットのデザイン実績はこちら

note始めました。よろしければシェアやフォローをお願いします。

noteはこちら