パンフレットの内容作りの手引き

最終更新日2021年1月20日

 

ここのところパンフレット制作のお問合せが増えていますがお客様が掲載内容に悩まれていることが多いので簡単な方法をご紹介しようと思います。

 

それが自社のサイトを参考にするという方法です。

webサイトであれば自社のサービスや製品がとてもよくまとまっていることが多いです。

 

ですからページ数の少ないパンフレットであればその内容をまとめたり、古い情報であれば更新すればパンフレットの原稿として十分に使うことができます。

またwebサイトの内容をベースぬ肉付けしていけばページ数の多いパンフレットの内容としても使うことができます。

ベースがあるのと無いのでは文章の書きやすさが格段に違います。

 

またそれでも自社で文章の作成が難しい場合は私どもの方でライターに依頼して文章を制作することも可能です(別途料金のオプションになります)。

その際もwebサイトがあれば資料として使えるので精度の高い文章を書くことができます。

 

コストが上がりますので費用対効果を見ながらご検討いただけるとよいかと思います。

 

ライター費用など詳細はお問合せください。

お問合せお待ちしております。

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。