ポケット付きホルダが人気です。

 

 

実はポケット付ホルダの案件が連続で校了になりちょうど印刷に入るところなのですがお問合せの方もポケット付きホルダの案件が多く、ちょっとしたポケット付きホルダブームになっています。

 

後から資料を追加できるというのが人気の理由の一つです。
ただご注意頂きたいのがいくら後から資料を追加できると言っても差し込むペラの数が多くなってくると却ってそれがデメリットになることがあります。

 

紙がバラバラになってしまい、資料として使いにくくなってしまうからです。他にも枚数が多くなるとポケットに差込にくくなることがあります。
私どもでお問合せを頂いた際にペラの枚数が多いときには紙を薄くしてご提案することもあります。

 

また枚数が特に多い場合はいっそのこと冊子にしてしまった方が使いやすい場合もあります。

 

差し込む資料が特に多い場合はポケットにマチをつけた仕様にすることもできますがマチが付いている場合はポケットに差し込む資料が少ないと紙が抜け落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

 

こう書くと仕様の決め方が難しく思われてしまうかもしれませんがお問合せ頂いた際に想定する使い方や差し込むペラの枚数などを教えて頂ければこちらで最適と思われ仕様をご提案することもできます。お気軽にご相談ください。

 

ポケット付きホルダのデザイン制作実績についてはこちらにまとめてあります。

その他のパンフレット制作。jpのデザイン制作実績からご覧になれます。

 

パンフレットのデザイン制作実績はこちらから

 

会社案内のデザイン制作実績はこちらから

 

カタログのデザイン制作実績はこちらから

 

その他のデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。