パンフレットのページ数で迷ったら

 

 

先日パンフレットや会社案内のページ数を決める場合の注意点について書きましたが今回もページ数に関することを書きます。パンフレットや会社案内のページを吸う決める際に何ページにしたら良いか迷うようなことはありませんか?

 

これはちょっと難しい問題です。何ページなら用意したこのテキストが収まるかは、よほどのベテランでないと判断がつきにくいものだからです。普段作り慣れていらっしゃらない方にはとてもむずかしいとお感じになられるでしょう。

 

少ないページ数で文章が収まればコスト面で有利になりますがパンフレットを制作する際に文字が多すぎるとデザインする余地がなくただ文字を詰め込むだけになってしまうことが多いため、デザイン性を求めるパンフレットであればページ数を増やすに越したことはありません。

 

そこで迷ったら多いページ数を選択するのが良いかと思います。ページ数が多ければ1Pあたりの文字数を減らして余裕をもたせた紙面づくりができるからです。

 

ページ数の決め方に迷ったら私どもにご相談頂いても結構です。原稿の下書き(最終原稿でなくても構いません)を頂ければ大体のページ数の目星をつけることができると思います。

 

お気軽にお問合せください。
お問い合わせお待ちしております。

 

パンフレット制作.jpのデザイン制作実績は下記からご覧なれます。

 

パンフレットのデザイン制作実績はこちらから

 

会社案内のデザイン制作実績はこちらから

 

カタログのデザイン制作実績はこちらから

 

その他のデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。