46Pのパンフレット改訂制作

最終更新日2021年11月26日

 

46Pというボリュームのあるパンフレットの改訂制作のご相談をいただきました。

なぜ改訂制作と書いたかというとこのパンフレットすでにお客様の方でデータをお持ちのパンフレットで表紙や一部ページを私どもの新規で制作することになったからです。

もちろん改訂に伴い既存ページに修正が入りますが修正についてはお客様で対応されるとのことでした。

 

一般に制作会社では敬遠されるような案件ですが私どもでは柔軟に対応しています。

こういった案件で注意していただきたいのはデータです。

 

ご自分で編集される際に印刷に適したデータを仕上げておく必要があります。

色は特色を使わずすべて4色で設定しておく、罫線は極端に細くしない、オーバープリントを適切に設定しておくなど印刷に適した状態のデータにしておく必要があります。

そうしないと印刷した際にPCの画面でみたものとは違うものになってしまうからです。

 

DTPの知識をしっかりお持ちでなければ私どものようなプロにお任せいただいた方がいいかと思います。

(私どもでも気がつけば確認するようにしますがアプリケーションの特性上様々なデータの作り方ができてしまうため

細部まで確認するのはさすがに難しいです。)

 

今回のケースでは既存のデザインに合わせながら表紙のデザインをリニューアルします。

制約がある分見た目を新しくしようとすると難しいところがありますが腕のみせどころでもあります。

今からデザインするのが楽しみな案件です。

私どもにデザインを依頼してよかったと思っていただけるようなデザインを出したいと思います。

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。

目的別パンフレットのデザイン実績はこちら

業種別パンフレットのデザイン実績はこちら