2冊のパンフを制作。でも実は?

最終更新日2020年1月28日

 

パンフレット制作.jpに2種類の冊子を制作したいというお問合せを頂きました。

仕様が明確なので取り急ぎ2冊分のお見積書を送付しました。

 

お見積書を送付後によくよくお話を伺って見ますと冊子は二種類には二種類なのですが表紙と色変えてもう一種類作るとのことでした。

そういうことで当然作業量が少なくて済みますのでお見積りが変わってきます。

(今回のお問合せではデザインのみの作業で印刷がないので特に料金が変わります。)

 

やっぱりきちんと内容をお伺いしておくのは大事ですね。

この様に多少の変更のみで内容が流用できる場合ものであれば2冊分よりも安く制作することができます。

要は私どもの作業量が少なく済めばその分コストを下げることができるのですが全てのケースでそうなるとは限りません。

どのケースがそうなるのかはこちらでも内容をお伺いしないと判断できないところもありますので少しでも気になるようでしたらお気軽にお問合せください。

 

私どもでもお問合せをいただいた際には制作されるパンフレットの内容をお伺いしていますがこれは内容をお伺いすることで作業量の予測ができるからなのです。

価格だけを知りたいというお客様もいらっしゃるかもしれませんが今回の様なケースもありますのでその際はお付き合いいただければ幸いです。

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧なれます。