訂正シールの使い所

最終更新日2023年4月5日

 

(2021年2月5日現在)ここ最近パンフレットの増刷(追加印刷)のご相談が増えてきました。

増刷のご相談はある時期にまとまってくることが多いのですが新型コロナウイルスの影響もあり、例年と時期がずれてきている気がします。

 

さてパンフレットの追加印刷の際に内容のアップデートのため修正がはいることが多いです。

ここでたまにご相談をいただくのが訂正シールです。

 

訂正シールは上から修正内容をシールで貼り付けるもので一見手軽にみえます。

しかし実際には使い所をきちんと見極めないと見栄えが悪く、更にコストも掛かってしまい全くメリットが無いことが多いです。

 

その使い所とは小さな範囲にのみ使用するということです。

本来訂正シールとはその様に仕様すべきもので文字(数文字程度)を修正するのに使うにとどめた方がいいのです。

 

範囲(面積)を大きくしてしまうとコストが上がるだけなく見栄えも悪くなります。

今は昔と違い印刷の費用が安くなってきています。

そのため訂正シールのコストの方が増刷よりも高くなることが珍しくありません。

(訂正シールの方が安く収まるというのは昔のことというわけです。)

 

ですから訂正シールのメリットがでるのは極小さな修正する時に限られます。

私どものご相談いただければ増刷か訂正シールのどちらが安くできるかご案内できますのでお気軽にご相談ください。

 

お問合せお待ちしております。

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。

目的別パンフレットのデザイン実績はこちら

業種別パンフレットのデザイン実績はこちら

note始めました。よろしければシェアやフォローをお願いします。

noteはこちら