見た目を変えるだけもリニューアルになります。

最終更新日2021年11月8日

 

数年前にパンフレットを制作したお客様からあるご相談をいただきました。

今回以前に制作したパンフレットの一部を修正して増刷(追加印刷するか)、修正が必要なところ以外は全て流用して

デザインをリニューアルするかを検討されているとのこと。

 

金額的には前者は修正代+増刷代で済みます。

後者は内容がほとんど同じであってもデザインを作り直しますので新規制作扱いになります。

 

費用面もさることながらお客様がお気になさっていたのがほとんど内容が変わらないのでリニューアルしてもいいものなのかという点でした。

これについて言えば絶対の正解ありません。

しかし同じ内容であってもデザインを大幅に変えることは可能です。

パンフレットのデザインというのは相手にどういう風に見せたいかをデザインするといっても過言ではありません。

 

時間が経って読み手に与えたいイメージが変わってきたということであれば例え内容が一緒であってもパンフレットのデザイン

をリニューアルする価値は十分あります。

 

そのことをご案内したところお客様も見せたいイメージが変わってきているので全面リニューアルにされるとご決断されました。

 

このようにパンフレットに正解はありません。

内容が変わらないからデザインをリニューアルしてはいけないということもありません。

見せ方を変えたいということであればデザインをリニューアルする価値は十分あります。

 

ご自身で迷われていらっしゃるのであれば私どもにご相談いただいても構いません。

第三者の視点が入るとまた違う見方ができると思います。

 

ご相談お待ちしております。

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。

目的別パンフレットのデザイン実績はこちら

業種別パンフレットのデザイン実績はこちら