補助金を活用したカタログ

最終更新日2020年10月7日

 

先日かなりボリュームのあるカタログのデザインして納品しました。

ページ数も印刷部数もかなりの量になりましたのでどうしても費用がかかります。

私どもで取り扱う制作案件の中でも高額の部類に入ります。

実はご発注いただく時にお伺いしていましたがこの案件は補助金を活用したものだそうです。

 

商品をお持ちのお客様にとってカタログは必需品ですが商品点数が増えてカタログの規模が大きくなると費用が嵩みます。

カタログは商品の入れ替えがあるので更新は必ず必要になります。

ご発注されるお客様にとってはなかなか頭の痛い問題だと思います。

しかしこういったカタログにも使える補助金があるのでそれをうまく活用すれば負担を極力抑えてカタログを制作することができます。

 

今回の案件はかなり大型の案件ですのでそこそこ大きな補助金を使われたみたいです。

納品後に書類の記入のご依頼をいただき、いくつかの書類をご用意しました。

補助金の金額を大きなればなるほど必要になる書類も増え、手続きも煩雑になります。

しかし少額の補助金であればハードルがもう少し下がります。

 

カタログをまだ用意できていない、ずっと更新できていないお客様はぜひ補助金の活用を検討してみてください。

カタログに限らずパンフレットや会社案内の制作にももちろん使えます。さまざまな補助金がありますので調べてみて下さい。

 

補助金案件の弊社では補助金案件の対応に慣れております。

必要な書類などありましたらお気軽にご相談ください。

ご発注前のご相談でも構いません。

お問い合わせお待ちしております。

 

 

 

パンフレット制作.jpのカタログデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。