紙を変更するオプション

最終更新日2021年6月28日

 

ここ最近このブログでも少しご紹介しておりますがパンフレットの紙を変更されるお客様が増えています。

せっかくオリジナルでデザインしたパンフレットのなので少しでもより見栄えがするようにしたい、他と違いが出るようにしたいと皆さんお考えになっていらっしゃるようです。

 

パンフレットを印刷する紙ですが標準では光沢を抑えたマット紙、光沢があるコート紙を設定しています。

こちらについてはどちらをお選びいただいても料金は変わりません。

 

プチカスタムとして紙厚を変えるという方法があります。

標準110kgの紙を135kgの紙に変更するのであればそれほど費用は掛かりません。

 

135kgの紙をその上にしようとすると厚紙になってしまうので若干コストは上がってしまいます。

(仕様によっては難しい場合もあります。)

 

紙の種類を変えることもできます。

こちらについては使う紙によって値段が大分違いますが見た目の印象は大分変わります。

光沢の強い紙から画用紙の様に質感のある紙までさまざまな紙に対応できます。

 

費用的には大きく上がってしまうことが多いのである程度ご予算をご用意いただく必要はありますがパンフレットのデザインがより引き立たせることもできますので費用をかける価値はあります。

せっかくパンフレットを制作するのだから紙までこだわりたいというお客様にピッタリのプランだと思います。

 

紙の変更については個別に対応させていただきますのでまずはお問合せください。

(パンフレットを私どもで制作中でも印刷前であれば紙の変更は可能です。)

 

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。