簡易パンフレットを先行制作

最終更新日2021年12月2日

 

以前にも申し上げてきたと思いますが私どもでは補助金を使ったパンフレットの制作案件も多く扱っています。

補助金を使ってページ数の多いパンフレットの制作を検討されているお客様もいらっしゃいます。

 

しかし補助金を申請して補助金が降りるまで時間がかなりかかってしまうこともよくあります。

今回のご相談いただいたお客様も正にそのケースで補助金が降りるのにまだ大分時間がかかるとのことでした。

とはいえ待っている時間ももったいないので簡易版のパンフレット作りたいというご相談をいただきました。

 

先行して簡易版のパンフレットを作り、補助金が降りたところで本来のパンフレットを制作するという目算です。

確かに押したい商品やサービスはすでにあるわけですからこの様な展開もありだと思います。

昨日の記事とも少し被りますがこの簡易版パンフレットの内容も場合によっては本来のパンフレットに生かすこともできるので

簡易版のパンフレットが全て無駄になることはまずありません。

 

問題は先行する簡易版のパンフレットに何を掲載するかになりますが紙面が限られているので一番の推しの商品やサービスを掲載するのがいいでしょう。

パンフレットの制作は一度経験しておいた方が慣れますので良いと思います。

ボリュームのあるパンフレットを作る前に一度作りやすいパンフレットの制作を経験をしておくとより良いパンフレットを作れるはずです。

 

金額の大きな補助金ほど時間がかかる傾向にあるみたいですので補助金でパンフレットの制作を検討されているお客様はぜひ簡易版パンフレットの制作も検討してみてください。

 

ご不明点等あればお気軽にご相談ください。

お問い合わせお待ちしております。

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。

目的別パンフレットのデザイン実績はこちら

業種別パンフレットのデザイン実績はこちら