環境対応のパンフレットは紙がネック

最終更新日2021年1月12日

 

先週東京を含む一都三県に緊急事態宣言がでましたが関西の三府県にも緊急事態宣言がでる見通しです。

このような状況ですがやはり必要になるパンフレットもあります。

 

私どもでは接触をさけてパンフレットをデザインしているところです。

この時期に必要になるパンフレットは一般の企業のお客様だけでなく公的機関のお客様からのご依頼も多いです。

 

公的機関のお客様の場合(独立行政法人のお客様の場合も)環境対応型の印刷が必要になることがほとんどです。

私どもでも環境対応型の印刷は対応可能ですが注意すべき点があります。

 

それは紙です。

環境対応の印刷に使う紙は手配に時間がかかることがあります。

部数が多い場合は特に時間がかかります。

これは紙の流通の管理を厳格に行っているためだったり、流通在庫が少ない場合があるという理由があります。

 

通常であれば私どもでパンフレットのデザインから入りますので印刷まで時間がありますがスケジュールがタイトな場合は間に合わないこともありますのでなるべくお早めにお問合せいただいた方がよいかと思います。

 

通常のパンフレット含めてオンラインで接触を回避しながら制作できます。

お気軽にお問合せください。

(お問合せについてはお問合せフォームよりお願いいたします。お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。)

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。