海外からのお取引の裏側で・・・

最終更新日2020年2月7日

 

私どもパンフレット制作.jpではありがたいことに海外のお客様からもお引き合いをいただいております。

すでに何件かお取引をさせていただいておりますがそのお取引の裏側ではよく新しいことを学ばせていただいております。

 

それは時差を身を以て体験したり、海外での文化、考え方の違いや生活習慣の違いを垣間見ることであったりといった小さなことからお取引に重要な国際送金という重要ですが普通に生活しているとまず知らないようなことにいたるまで幅が広い経験です。

 

国際送金の場合は言語的な問題でうまくいかないこともありました。

窓口の方が日本の方でも経理は現地の方が扱っていらっしゃるとのことで私ども不慣れなため必要な情報は何か調べて何回かやりとりをしました。

 

他には国際送金はマネーロンダリングの可能性があるせいか銀行さん側も少し慎重になっているようで海外から入金がある際は確認が入りました。

初めて銀行さんから確認の連絡が来た時は少し驚いたものです。

 

他には銀行の入金記録を見ていると「ヒシムケソウキン」という見慣れない言葉とともに入金がありました。

「ヒシムケソウキン」とは何かと思い調べてみると「被仕向送金」、つまり海外からの送金の受け取りのことなのですがこれでは入金元がわからないので直近の出した請求書を調べて確認してみました。

 

 

すると海外に拠点をお持ちのお客様がいらっしゃいましてそのお客様からご入金ということがわかりました。

このあたりのことは海外とのやりとりを日常的に行っている企業さんでは当たり前のことだと思いますが私どものように海外のお客様とのやりとりがほぼ初めてのような状態ですと常に「こういうことなんだ」という発見と「つまづき」の連続です。

 

こういった経験というのは私どもの業界では普通の業務をこなしていくだけではまず体験できません。

これもインターネットの力ということでしょう。

常に新しい刺激を受けている私どもだからこそできることもあると思います。

 

これからも新しい経験を恐れずにしていきたいと思います。

 

 

私どもパンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。