注意が必要なaiデータ

最終更新日2022年4月26日

 

私どもではデザインにイラストレーターというアプリケーションを使っています。

(ページ数が多い場合はインデザインを使うことがあります。)

このイラストレーターはデザイン用のツールため、一般のお客様はまずお持ちではないと思います。

しかし素材などをご支給いただく際にイラストレーターのデータであると他の形式よりも使いやすいのは事実です。

 

一部のお客様からはイラストレーターで素材をいただくこともあります。

それはそれでありがたいのですが一つ注意点があります。

それがデータの作り方です。

 

イラストレーターはとても自由度が高く同じ表現をするのに様々な作り方をすることができます。

これが問題になることがあります。

昔であれば透明レイヤーを使うと製版の段階で問題が出ることがよくありました。

最近はアプリケーションが良くなってきたのでそういったことは大分なくなりましたがそれでもあまり複雑な作り方をしていると思わぬところで悪影響が出ることがあります。

 

先日もあるお客様からいただいたイラストレーターのデータで不具合がでてしまいました。

幸い印刷前でしたので対処することができました。

 

凝った作りにするのもいいことだと思いますがこの様に不具合につながってしまうこともあります。

これを回避するには知識はもちろんある程度の経験も必要になります。

 

私どもでは経験豊富なベテランデザイナーが制作しておりますので安心してご依頼いただけます。

確実なデータで印刷なら私どもにお問合せください。

 

お問合せお待ちしております。

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。

目的別パンフレットのデザイン実績はこちら

業種別パンフレットのデザイン実績はこちら

note始めました。よろしければシェアやフォローをお願いします。

noteはこちら