会社案内納品後の事件?

 

 

会社案内を修正し、増刷したお客様から納品日に連絡がありました。修正した内容が反映されず前回の状態で納品されたというのです。

 

さすがに驚きましたが印刷の現場では残念ながらありえなくはないことなのです。というのも一般の印刷会社では修正増刷の場合修正があったページにのみ差し替えて印刷するというやり方を採用していることがあります。

 

これは印刷の最終データ(アミ点のデータ)を作る際にRIP処理というデータ処理をするからで一度処理を掛けて問題のなかったデータは極力そのままにしてリスクを回避するという考え方からきているワークフローです。

 

稀に差し替えを忘れて古いデータがそのまま印刷されてしまうということがあります。しかし今回のケースではデータの作り上そのようなことはできない(片面全て差し替え)のでその可能性はありえません。

 

入稿データを間違えたかという可能性も考えつきましたがパンフレット制作.jpではそういったミスを防ぐために同じ階層に古い入稿データを置かないようにしてます。

 

念の為入稿データとちょうど手元に届いた見本を確認してみると修正が反映された最新のデータであることがわかりました。

 

改めてお客様に連絡して事の次第をお話してみました。その上で改めてご確認頂くとなんと昨年のダンボールが残っていてそれを今日納品したものと思って見ていたとのこと。(お客様はすでに昨年のものを使い切っていたと思っていたそうです。)

 

今回納品した分は他の場所に置いってあったそうで問題が無いことが分かりました。とにかく何事も無くてほっと胸を撫で下ろしました。

 

データの先祖返りは特に気を付けていて上記の様に予防措置もとっているのですがやはり心配になります。今回は笑って済ませられたので良かったです。

 

事故防止には常日頃から気をつけて万全な状態を目指しています。
会社案内制作のお問合せお待ちしております。

 

パンフレット制作.jpのデザイン制作実績は下記からご覧なれます。

 

パンフレットのデザイン制作実績はこちらから

 

会社案内のデザイン制作実績はこちらから

 

カタログのデザイン制作実績はこちらから

 

その他のデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。