一部を流用した新規パンフレット

最終更新日2021年8月20日

 

昨年私どもでパンフレットをデザインしたお客様より新規パンフレット制作のご相談をいただきました。

今回は前回制作したパンフレットの1Pを流用して制作したい(それ以外のページについては新規で制作)とのことでした。

 

1P分デザインする工程が減りますのでもちろんその分価格を調整させていただきました。

今回は裏表紙をまるまる流用する想定になるのですが1点注意点があります。

 

それは裏表紙をまるまる流用するということはそれ以外のページのデザインは裏表紙と整合性を取らないといけないので

裏表紙のデザインに引っ張られてしまうということです。

 

もちろんある程度はデザインを変えることはできますがそれでも引っ張られてしまうことは事実です。

そのことをお客様にお伝えしたところイメージは変えたいと仰っていたので色味だけを調整することをご提案しました。

 

こうすればわずかですがコストを抑えながら印象を変えることができます。

イメージを全く異なるものにしたいというのであればもちろん全てを新しくデザインし直すことに越したことはありません。

 

しかしご予算が厳しい場合もあると思います。

少しでも節約できるのであれば節約したいというお気持ちもわかりますのでご予算の範囲で最大限できることはさせていただきたいと思いまして

この様なご提案をさせていただきました。

 

リピートでいただいたパンフレットもご期待にお応えできる様デザインを進めていきます。

 

この様な小回りを効かせた対応可能です。

まずはご相談ください。

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。