パンフレットに何を書けばいいか?

最終更新日2020年12月2日

 

最近パンフレットの制作をご発注いただいたお客様からパンフレットにどんなことを掲載すればいいかわからないというご相談をいただきました。

大まかにどんなことを掲載するかは決まっていてもいざ文章に落とし込もうとするとどうしようかと悩むことは珍しくありません。

冒頭のご質問はいざパンフレットに掲載する文章を作ろうとした段階でのご質問でした。

 

パンフレットや会社案内をデザインするとのは自社を人からどの様に見られたいかをデザインするといってもいいと思います。

少し抽象的な表現なのでもっと分かりやすくいうと「誰に何を伝えたいのか?」これを考えれば自ずと答えは見えきます。

 

「誰」というのは見せたい相手です。

つまりパンフレットであればターゲットユーザーです。

「何」というのはアピールしたいことです。

製品やサービスの強み、良さを伝えればいいわけです。

 

製品やサービスの強みというのはいくつかあると思いますが見せる相手によってアピールする強みというのは変わってきます。

パンフレットの紙面に情報を詰め込むと何が言いたいのかぼやけてしまいます。

そこで見せる相手を決めることでアピールすべきポイントの優先順位が決まってきます。

 

優先度の高いポイントに絞って掲載することで自然と情報が整理された文章になるだけでなく書くべき内容も決まってきます。

さらにパンフレットのデザイン面でも方向性がばっちりと決まります。

 

自社をどう人に見せたいかというのはお客様がお決めになることです。

「誰に何を伝えたいのか?」を考えていただくことによってパンフレットのデザインや掲載内容も決まり、相手への見せ方もデザインすることができます。

 

ご質問いただいたお客様にも「誰に何を伝えたいのか?」を改めて考えていただくようお伝えてしたところ文章を起こすことができるだけでなくパンフレット全体の方向性が決められそうですとおっしゃっていただきました。

 

掲載内容とパンフレットのデザインの方向性さえ決まれば後は私どもの出番です。

ご希望にそえるデザインに仕上げてみせますよ。

 

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。