デザインに決まりなし

最終更新日2021年9月3日

 

今ちょうど制作が始まったパンフレットがあります。

そのお客様は士業のお客様なのですが士業っぽいデザインのパンフレットにしないで欲しいというご要望いただいています。

 

確かに士業は堅めのデザイン、〇〇業はこういうイメージのデザイン等業種によって好まれるデザインの傾向が

あるのでそれがある種の「型」になってしまっているところがあるのは事実です。

 

しかしそこに捉われる必要はありません。

その「型」にハマったデザインでなければパンフレットとして成立しないことはないのです。

 

今回のお客様は正にそれでもともと異業種から参入されたこともあるのでしょう。

「型」にはまらない分そのお客様の考えを上手く表現したデザインにすることができます。

パンフレットとしてある種の理想形だと思います。

(もちろんですが奇をてらったデザインにすればいいというわけではありません。)

 

こういうことができるのもテンプレートデザインのパンフレットではなくオリジナルデザインのパンフレットならでは醍醐味です。

 

これからパンフレットの制作をご検討されているお客様も同業他社のデザインに捉われることなく、自分たちの個性を

表現するにはどうすればいいか

他業種のパンフレットも参考に考えていただくと視野が広がると思います。

 

私どもでは様々なお客様のパンフレットをデザインしてきています。

見本はたくさんありますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。