デザインができるまで

 

 

私どもパンフレット制作.jpでどの様にパンフレットや会社案内のデザインができていくかを簡単にご紹介します。

 

まず原稿とご要望をお伺いします。仕様についてはこの段階までに決めておきます。
私ども場合は基本的に原稿がある状態でのデザインになりますがこれにはデザイン上の大きなメリットがあります。デザインを作るにはまずデザイナーが原稿を読み込み内容を把握します。

 

これは原稿があるからこそできることで内容をきちんと把握した上でデザインをすることで原稿内容とマッチしたデザインにすることができます。よく他社で先にデザインをして後から原稿をはめ込むというようなやり方をしている場合もありますがこれでは内容にあったデザインにすることはできず当たり障りのないデザインになりがちです。どちらかというテンプレートデザインに近いです。

 

原稿内容とご要望からデザインを起こしていくわけですが細かいやり方はデザイナーによって変わります。一度に作ってから修正を入れて完成度をあげていくデザイナーもいれば一つ一つ考えながらデザインしていくデザイナーもいます。
何れにしてもさっとデザインできるわけではなく各デザイナーが考えながらデザインしていきます。

 

どのデザイナーも自分の中で納得するまでデザインを出すことはありません。できていても敢えて一晩おいてからもう一度見直して細部を調整するということもあります。

 

プロのデザイナーだからデザインなんてすぐできてしまうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが実際はプロだからこそいろいろなことを考えてデザインしていくのです。ぱっとできてしまうことはありません。もちろん限られた時間の中でデザインを完成させないといけないのは大前提です。

 

いろいろと頭を悩ませながらデザインをしているのですが舞台裏のため中々表にはでないのでちょっとだけご紹介することにしました。ただデザインを出しているだけではなくいろいろと考えてデザインを出しているということが少しでも分かって頂ければ幸いです。

 

パンフレット制作.jpのデザイン制作実績は下記からご覧なれます。

 

パンフレットのデザイン制作実績はこちらから

 

会社案内のデザイン制作実績はこちらから

 

カタログのデザイン制作実績はこちらから

 

その他のデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。