スリット付きパンフレット

最終更新日2021年7月14日

 

今回も少し珍しいパンフレットのご相談がありました。

建築資材のサンプルをパンフレットと一緒に渡せるようにしたいというご相談でした。

 

よくよくお話をお伺いしてみると50×100mm、厚さ1mm程度の資材とのことでした。

私どもで扱いあるのものですとポケット付きホルダが真っ先に思いつきました。

 

他にも案が無いかなと考えて思いついたのが資材を差し込めるスリットでした。

スリットを入れる場合は紙の強度がある程度要求されるので紙は180kgの紙厚のものを使うことにしました。

 

スリットについては型を起こして入れることになるので型代などコストがかかりますが予め資材が入ることをデザインに織り込んでおけば

ポケット付きホルダよりも自然な形の見せ方をすることができます。

 

予算的にはポケット付きホルダより高くはなってしまいますので後はお客様にご検討いただくことにしました。

(ポケット付きホルダも型による加工でありますがこれについては定番メニューなので私どもの方で予め型を用意しているため、コストを抑えられています。)

 

同じ様に資材などサンプルをお持ちのお客様には参考にしていただけると思います。

ご不明点などありましたらお気軽にお問合せください。

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。