4Pパンフレットの裏メニュー

最終更新日2019年11月27日

 

私どもパンフレット制作.jpで最もお問合せを頂くのが4Pのパンフレットです。

原稿の用意のし易さという観点とコスト的な観点のどちらかで4Pのパンフレットをお選びになるお客様が多いです。

 

原稿の用意し易さという点で4Pのパンフレットをお選びになるお客様の中には4Pのパンフレットは基本の仕様である6Pや8Pに比べややおとなしい感じがするのでもう少し工夫をしたいというお客様がいらっしゃいます。

 

そういった場合には最近ご紹介したい様に用紙を厚くするという方法があります。

これは一番分かりやすい方法です。

更に裏メニュー的な仕様ですが用紙を厚紙にしてマットPPを掛けるという方法があります。

 

これはつや消しのビニールフィルムを表面に貼る加工ですがこれ施すことで見た目や触った時の感触が良くなります。

追加の料金もそこそこ掛かる加工ですがご予算が許すのであればコストをかけた価値はあると思って頂ける仕上がりになります。

 

私どもで手掛ける案件でも静かな人気のある仕様でしてご提案して採用して頂いたお客様にはとてもご満足頂いております。
一つ注意点としては必ずマット180kgの紙にマットPP加工を施すことです。

通常のマット135kgの紙にマットPP加工を施すと紙とPPとの収縮率の違いから紙が反ってしまうことが多いからです。

 

この仕様が気になるお客様は個別にお問合せください。
お問合せお待ちしております。

 

パンフレット制作.jpのパンフレットのデザイン制作実績はこちらからご覧なれます。