ポケット付きパンフレットも人気です

 

パンフレットとポケット付きホルダが一体化しています。

 

以前にご紹介した通りポケット付きホルダはパンフレット制作.jpの中でも人気のある仕様の一つです。

 

そしてもう一つ人気があるのがポケット付きパンフレットです。
パンフレットの最終ページがポケットになっており、追加の資料を差し込めるようになっています。

 

通常のポケット付きホルダではどうしても本体の掲載量が限られてしまいますがポケット付きパンフレットでは十分な紙面を確保することができます。

 

よく変更のある資料やクライアントに合わせて資料変える場合は使い勝手が良いためよくお問合せを頂きます。

 

但しデメリットもあります。
まずコストが上がってしまうことです。ポケットの加工に工数が掛かってしまうためコストが上がってしまいます。

加工に工数が掛かるため印刷・製本の時間も長く掛かってしまいます。

 

A4サイズの紙を入れるために仕上がりサイズが少し大きくなってしまうことも場合によってはデメリットになるかもしれません。

 

それ以外については上記のようなメリットがある仕様です。
パンフレット制作.jpでは会社案内や採用パンフレットとして制作している実績があります。

 

会社案内については提案資料を一緒に入れることができるからという理由で、採用パンフレットは他社との差別化と年次で変わる売上高等の資料を差し替えるためポケット付きパンフレットが採用されました。

 

事例をご紹介します。

 

■株式会社トラウム様

 

 

サンプルの画像ではポケットのある最終ページをいれておりませんが会社案内として制作したポケット付きパンフレットです。イメージ優先したデザインにしたいというご要望で制作しましたが面白みのあるデザインに仕上げることができました。硬くなりがちな詳しい内容は差し込み資料に回すことでとっつきやすい会社案内に仕上げることができています。

 

この様に多少のデメリットもあるもののニーズが合えば大変使いやすいパンフレットになります。ぜひ一度ご検討頂きたい仕様です。

 

詳しい内容や料金ついてはこちらのページをご覧ください
(ページをスクロールして頂けるとポケット付きパンフレットが掲載されています。)

 

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。