パンフレットをリニューアルする理由とは?

最終更新日2020年5月27日

 

私どもともう6年ほどお取引させていただいているお客様から既存のパンフレットのリニューアルのご依頼をいただきました。

このパンフレットは私どもでデザインしたものですが5年の間に途中修正や表紙まわりの若干の手直しをしながら増刷を繰り返してきました。

 

デザインの仕上がりには当初からご満足をいただいており、こうして取引が5年も続いてきたのですがリニューアルにあたり現状のデザインにどこか不満な点はありますかとお伺いしました。

新しくデザインするにあたり参考になるところがあるかと思い、上記のご質問をさせていただいたのですが返ってきた返事は意外なものでした。

 

現状のデザインについては希望を反映できているもので全く不満がないとのこと。

ではどういうことかというと手直しをして5年間を使い続けてきたので見た目を刷新したいそうです。

 

ネット広告業界では広告疲労と言う言葉があります。

同じバナー広告をずっと使い続けているとユーザーに飽きられてしまい、クリック率が下がるというものです。

 

パンフレットにも同じことが言えて同じ内容であっても見た目のデザインを定期的に変えるというのは一定度の効果が期待できます。

人間はやっぱり見た目に引っ張られるのは事実なのです。

 

アフターコロナのこのタイミングでパンフレットのデザインだけを変えるというのも世の中の考え方が変わってきているのでいいかもしれません。

新しい時代には新しいデザインのパンフレットを使ってみませんか?

 

 

 

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。