パンフレットの紙を厚くできます

最終更新日2020年1月15日

 

私どもパンフレット制作.jpではそれぞれのパンフレットの仕様に合わせて最適と思われる厚さの紙を使っています。
通常の使用される分には問題がない厚さになっていますが好みの問題もあります。

もっと厚い紙にしたいというご要望があれば厚い紙に変更することも可能です。(別途追加料金となります。)

 

例えば4Pパンフレットの紙であれば標準で135kgの紙を使っていますがこれより厚くすると180kgの紙になります。

厚さとしては名刺やハガキでよく使われる紙ですので想像しやすいと思います。

135kgでも多くのパンフレットに採用されており、特に薄いということはありませんがマットPP等の特殊加工を施したい、見た目を重厚な感じにしたいという場合にはおススメです。

 

冊子の場合はどうでしょうか。

8P以上の冊子で135kg以上の厚さを使うと紙がしなり難いのでページがめくりにくくなってしまいます。

そこで表紙を180kg、それ以外の紙を135kgまたは110kgにすると紙を厚くしつつページがめくりやすくなります。

 

もちろんコストは上がってしまいますがどうしても好みのパンフレットに仕上げたいということであれば良い選択だと思います。

 

重厚感や高級感ということであれば分かりやすくなりますがこれらについてはもちろんパンフレットのデザインでもある程度まで表現することができますので必ずしも厚紙にしないと高級感がでないかと言えばそういうことはありません。

 

紙に厚さというのは個人の好みによるところも多いかと思います。

お問合せ頂ければ紙の見本(実際に印刷したパンフレット)をお見せすることも可能です。お打合せにご来社頂いた時にお見せすることもできます。

 

せっかくフルオーダーでパンフレットを制作するのですからご自分の気に入った仕様で制作されるのも良いでしょう。

 

お気軽にお問合せください。

 

パンフレット制作.jpのパンフレットデザイン制作実績はこちらからご覧なれます。