パンフレットのデータ修正

最終更新日2019年11月7日

 

 

パンフレット制作.jpに既に他社で制作したパンフレットのデータを正したいというお客様からお問合せを頂きました。

 

データの修正自体は対応可能ですがこの場合データの形式と状態によります。

お伺いするとPDFしかない状態とのこと。

 

これでは作り直し(新規制作扱い)しかないかなと思っていましたがいずれにしろ現状のもののデータは拝見しておく必要があったのでデータを送って頂くとなんと入稿形式のデータでした。

 

このデータであれば少し強引ではありますが修正ができる場合があります(データの状態によっては対応できないこともあります)。

しかし普通に修正するのと比べると大分手間がかかります。

幸い今回の修正箇所はそれほど多くないのでこの状態であれば対応できる旨お伝えしました。

 

その後のやり取りでどうも過去にデータそのものを買い取られていらっしゃることが分かりました。

ただご担当者様も変わり、元データ(イラストレーターのデータ)がどこかにいってしまったということのようでした。

 

今回は幸いにも修正で対応することができますので新規制作よりもコストを抑えることができます。

 

逆にイラストレーターのデータがあっても文字にアウトラインを取る(文字の画像化)ことによって今回とほぼ同じような状態になってしまう場合もあります。

 

こういったデータ修正の案件は一般の方では判別がつかないと思いますのでまずデータを見せて頂くのが一番良い思います。

 

パンフレットや会社案内のデータ修正のお問合せもお待ちしております。
   

 

パンフレット制作.jpのデザイン制作実績は下記からご覧なれます。

 

パンフレットのデザイン制作実績はこちらから

 

会社案内のデザイン制作実績はこちらから

 

カタログのデザイン制作実績はこちらから

 

その他のデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。