シンプルなデザインの難しさ

最終更新日2020年3月4日

シンプルだからこそ難しい

 

私どものデザイン制作実績をご覧いただければお気づきになるかと思いますがパンフレットや会 社案内でも比較的シンプルなデザインものが多いと思います。

 

私どもでは制作する際に基本的にはお客様のご要望を反映してデザインしております。

つまりパンフレットや会社案内を作成されるお客様の多くがシンプルなデザインをご希望されているという需要の問題であるともいえます。
(もちろん中には全く逆のデザインをご希望されるお客様もいらっしゃいます。)

 

いわゆるデザインのトレンドなのですが背景には最近のWebサイトのデザインやアップルのデザイン全般がシンプルになっていることがあると考えられます。

流行りではありますが実はこのシンプルなデザインというのは意外と難しいものなのです 。

 

シンプルなデザインというのは飾りや要素が少ないということになります。

フォントの選び方一つでも全体のイメージに大きく影響与えてしまいます。

シンプルなデザインというのは少しのことでも全体に大きな影響を与えやすくなります。

文字の組み方も難しく、制作するデザイナーの技量がモロに現れます。

そのためスキルのないデザイナーがデザインすると間の抜けた感じ(紙面が保たない)デザインになってしまいます。

 

文字の組み方だけでは経験の長い、特にDTP以前のアナログ時代を経験しているベテランの方が上手い傾向にあります。

PCでデザインができるようになってから文字の組み方の自由度が上がってしまった点とデザインというのはどうしても経験によって技術が積み上がっていくからです。

 

シンプルなデザインというのは例えるならいちごのショートケーキのようなもので簡単に見えて技量がはっきり現れてしまう難しいものなのです。

シンプルなデザインが流行っている昨今は実はデザイナーに要求される水準も上がっているということになります。

 

制作会社を比較される時はシンプルなデザインが違和感なく組めているか、文字はきれいに組めているかを見てみてください。

ちなみに弊社のデザイナーは全員ベテラン(経験15年以上)のみです。

紙のデザインを専門にやってきたデザイナーたちだからこそ経験に裏打ちされた実力があります。

シンプルなデザインであってもきちんとデザインすることできます。

 

弊社のデザイン制作実績については下記からご覧なれます。

 

 

パンフレットのデザイン制作実績はこちらから

 

会社案内のデザイン制作実績はこちらから

 

カタログのデザイン制作実績はこちらから

 

その他のデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。