原稿制作に行き詰まったら

 

目線を変えるのが有効です。

 

会社案内やパンフレットとの原稿の書いていると行き詰まることがあると思います。
この次をどう書いたらいいかなかなか思いつかなくなったり、書けてもいまいち不自然な感じがするということは珍しいことではありません。

 

そういう時は目線が原稿に近づき過ぎてしまっているので一旦リセットして、目線を変えてみるのが有効です。

 

目線を変えるのに一番簡単な方法は一度かけるまで書いて印刷することです。
印刷して紙で見ることで客観的な視点に変えることができます。

 

紙で見ながら赤ペンで不要な表現を削ったり、言い回しを変えて見ましょう。

そうすると文章が洗練され、行き詰まっていた先を書くことができるようになります。

 

時間があるようであれば一晩置いてから修正を入れていくのがより効果的です。頭が完全にリセットされているのでより洗練された文章にすることができるでしょう。

 

これを繰り返していくことで何方でも簡単に文章を書くことができます。
ぜひやってみてください。

 

パンフレット制作.jpのデザイン制作実績は下記からご覧なれます。

 

パンフレットのデザイン制作実績はこちらから

 

会社案内のデザイン制作実績はこちらから

 

カタログのデザイン制作実績はこちらから

 

その他のデザイン制作実績はこちらからご覧になれます。